トップページアーカイブ東北 > 盛岡の交通問題

« 40才×60才 | メイン | 「日新スズキ・軽中古車フェア」で乗馬体験 »

Tohoku 盛岡の交通問題

岩手県営球場から市街地につながる国道455線は、毎日朝夕渋滞。渋滞緩和だけではないでしょうが、市街地につながる「北山トンネル」は2008年の開通ということです。100億もの金額をかけた大工事(参考:101Blog: サンダーバードのジェットモグラ)。

そうそう、「盛岡の交通問題」に関して盛岡出身の作家、斎藤純氏(参考:流れる雲を友に : 斎藤純)が寄せた記事が盛岡タイムスに載っていました。

盛岡タイムス Web News

交通問題に関する二つの市民活動の勉強会に参加した。

一つは「盛岡にLRTを走らせ隊」である。LRTは次世代路面電車と訳されることが多いが、路面電車のみを指すのではない。中心市街地への一般車両の乗り入れを制限することが大前提であり、そのうえで人々の足代わりにLRT(昔ながらの路面電車とは似て非なる新しい乗り物)を走らせるという総合交通政策だ。

(中略)

もう一つは「盛岡自転車会議」である。第1回の集まりでは盛岡の交通問題や課題、将来像などを自由に語りあった。そのうえで、会の目的を「歩行者ならびに自転車を中心とした総合交通政策案の作成」と定めた。

彼は自動車やバイクをこよなく愛しているようなのですが、僕は運転免許を持っていないので、盛岡での移動手段はバスか自転車。といいながら、家内や義父に目的地まで車で送ってもらう事が多いんですけれどね。東京にいるときは各種交通機関を乗り継いだり、自転車や徒歩でも苦にならなかったんですけれど、盛岡に移ってから歩く事が少なくなりました。バスが中心の盛岡では、運行本数が少ないうえに、何時来るか分からない車両をバス停で待つのも疲れます。ロケーションシステムも一部稼働してるらしいんですが、恩恵に授かった事はありません。

免許なしの僕にとっては、LRT(Light Rail Transit)は大賛成。盛岡の規模では地下鉄は不釣り合いですし、かといって現状の一般道を利用した迷路のような(と僕には思える)路線を走り、渋滞に巻き込まれるバスはもう利用したくない。何本かの基線となるLRTを設置し、その主要な駅をハブにして各所に広がるバスなりの交通機関を設置してくれれば、多くの利用者も分かりやすく便利になるんじゃないかと。そこから歩いたり自転車で移動してもいいんだし。僕は盛岡に来て2年半ですが、未だに各地域の位置関係が把握できない。車を運転している人には4号バイパスという基線がありますが、運転してない人にとっては本当に分かりにくいと思います。まあ、僕が方向音痴ってのもありますけれど。わはは。

バス

「盛岡自転車会議」については何を話し合おうとしているのか分かりませんけれど、個人的には中津川沿いを自転車で走るのは好き。遠回りしてもあそこ走っちゃうもんなあ。うっかり岸辺に下りちゃうと行き止まりだったり上がれなかったりするんですけれどね(笑)

歩行者と自転車に乗る人がお互いに安全に利用できる道作りというのは必要だとは思います。もちろん車と自転車に乗る人とも。LRTと同じですが、全ての道をそうすべきという訳ではなくて、基線となる道を整備してくれるとうれしいかな。自転車って、乗ってる人は気付かないかもしれないですが、歩道を走っている歩行者にとっては脅威です。自分のペースで走れる場所と、歩行者とシェアする場所が明確になれば、もう少しマナーも改善されるんじゃないかなと淡い期待も。

この二つの市民活動は、斎藤氏が言うように「『脱クルマ社会』の理念」ではあるけれども、「自動車を排除するといった考えではない」と、僕も思います。地方都市では車やバイクといった長距離を移動する手段はかかせませんし、またそれらを愛する方々も多くいます。

とはいえ、車を運転できない人(免許を持っていないとか、一時的に利用できない人、その他の理由の人)が、そのために社会活動ができないというのは、やはり不公平だなと感じます。自転車利用も同様です。京都議定書うんたらも大事ですが、市民の足をどうするかといった盛岡市のグランドデザインが必要だと思います。

へへへ。ちょっと季節柄演説っぽくしてみました ;-)

ああ、投票日までは候補者や政党を連呼する車が市内各地を走り回るんだろうなあ。ちょっと憂鬱。

コメント (14)

私は車も運転しますけど、最近バスがお気に入りなんです♪
家を出る前にネットで時刻を調べてから行くんですけど。('-'*)
確かにバスは本数が少ないうえに複雑かつ渋滞もアリですもんね。

盛岡も仙台のように地下鉄でもあれば…と思ったことがありますけど
いつの間にか新しい道路が出来ていたりで、そこにばかりお金がかかってるんでしょうね。。
車がないと不便な街でもあり、道路事情も良くない街なんですよね…。
ほんと、なんとかして欲しいです。。
自転車、磨こうかなぁ。(笑

僕は坂の上に住んでるので、電動自転車が欲しいな。助成金とかでればいいのに(笑)

私も免許ありません!
いつか運転手付きの身分になるので一生取る気もありません! (´▽`)
餅は餅屋、運転は運転手♪ 私は別のことで貢献します。

そのコラムを書いた本人です。
具体的に書きますと、盛岡の自家用車依存率はおよそ40パーセント、自転車は20パーセントです。公共交通への依存度は一桁です。
これがそれぞれ30パーセントくらいになれば、「新しく道路をつくる必要がなく」、「その分、福祉などにお金をかけられ」、「CO2排出も減らせる」ということになります。
そのためには公共交通の充実が不可欠です。
地下鉄は1キロあたり100億円かかるので現実的ではありませんし。電動低床バスなどが現実的かなあ。
ただ、公共交通は儲かりません。そこで助成金を出すと「不平等だ」との反発が起こります。ところがヨーロッパでは公共交通は「福祉」という考え方があり、税金を投入しています。
といったことを勉強しています。お時間がありましたら、ぜひ参加してください。

>小山さん
僕は後部座席じゃないけれど、助手席専門の運転手付き♪

>斉藤さん
うわ。ちょっとびっくりしました(笑)

ビジョンと実現性をしっかり把握して活動されている団体なんですね。
是非今度お誘い下さい :-)

盛岡の渋滞はホント強烈ですよね。冬に至っては目が当てられない(+◇+、)

こまめに色んな公共機関が通っていれば使えるのですが、私の家から会社までは夏場は車のほうが便利。正直運転は好きではないので、電車、バス、他、、、整備されることを願いますね。
それにしてもあのトンネルちゃんと出来るのでしょうか?

僕は455線沿いに住んでいるので、毎朝夕の渋滞を眺めてため息ついてます。ははは。
北山トンネル、近所に住んでいるので見学会とか期待してたんですが、陥没事故のあとじゃあちょっと行きたくないなあ(笑)

車と携帯を持たない生活が夢です。
そしたら、自転車乗って「女のみさお」歌って
缶ビールグビグビッてするのさ。

今さら他人に捧げられないの〜♪
何か昭和の良き日の風景がよみがえるなあ(笑)

はじめまして、isaoと言います。
実はちょくちょく覗いておりました。
今は陸前高田市に住んでいますが、昨年度まで盛岡に住んでいました。
公共交通についてですが、確かに不便ですよね。かといって道路も使いにくいし。北国なのに雪が降ると必ず渋滞するのはいかがなものかと思ってました。
大学の頃の先輩が、北上川を使った公共交通ってできないかなあ?と面白いことを言ってたのを思い出しました。

初めてのところで長くなってしまってすいません。。。
これからも更新楽しみにしております。

こんにちはisaoさん :-)
陸前高田は衆議院選挙、3区ですね。時事コメントでした。わはは。

水上ラインは楽しい発想ですね。
以前、隅田川沿いに住んでいたのですが、船が通る町はいいものです。魅力的。川を船が運行できないなら、川辺を運行すればいいんじゃないかと思ったりします(笑)

寒い土地だと地下鉄があったら確かに便利。
でも、仙台の地下鉄はとにかく運賃高いです。
関東だったら「相当遠くまで行けそう」な値段でその辺までですから・・・。
やはり、市営で何とかするには、もう少しやりくりしないといけないと現実的には思います。
私自身車の免許はあるもののペーパーゴールド生活まっしぐら・・普段は自転車な人間としては公共交通機関の充実と言うのは大変興味津々です。

地下鉄は斉藤さんがおっしゃるように、1キロあたり100億円では現実味がありませんよね。ウルトラCとかD難度の技ではない、普通の技の組み合わせが必要なのかもしれません。難しいですよね。

コメントを投稿

トラックバック

トラックバック URL

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 盛岡の交通問題:

» 私の移動 送信元 Neo_ao's
僕の移動(通勤を除く)を今適当に思いつくままあげてみた(下)。下線は車で行くことが多い場所です。ipod欲しいなと思ったり、ランニング関連商品が欲しかった... [詳しくはこちら]

« 40才×60才 | メイン | 「日新スズキ・軽中古車フェア」で乗馬体験 »

昨年の今日の101blog

月間アーカイブ