>

Home 101Blog Archive 近況 Internet オルタネイティング・ポゼション・ルール
近況
Internet

オルタネイティング・ポゼション・ルール

  • 2005年9月19日
  • コメント(4)
  • トラックバック(0)

午前中、家内の従兄弟の次女が参加している中学校のバスケットボール部が、見事地区大会の決勝戦に進出したというので、応援に駆けつけました。会場は「ウェブもりおか:公共施設:アイスアリーナ」。参加しているチームは県内では強いとの噂は聞いてはいたのですが、予想以上に強かった。彼女は第2クォーターから出場。あまりいい動きではなかったのですが、懸命にプレイしていました。ぱちぱち。

バスケットボール決勝戦

試合を観戦していて、ちょっとばかり違和感。ジャンプボールでのプレイ再会がないんですね。僕は中学と高校の途中までバスケットボール部に所属していたので、ある程度のルールは知っているつもりなんですが、どうしてなんだろうと調べてみると、「バスケットボールのルール:バスケのルールと用語」というサイトで、詳しく説明されていました。2004年4月に導入された「オルタネイティング・ポゼション」というルールなんですね。なるほど。

バスケットボールのルール【バスケットのルール/ゲームの基本】「オルタネイティング・ポゼション・ルール」

新ルールでは、ボールの所有チームが分からなくなった場合を「ジャンプボール・シチュエーション」と言い、スローインでゲームを再開することになっています。これをオルタネイティング・ポゼション・ルールと言います。このルールでは、ボールの所有チームが分からなくなった場合、両チームが交互にスローインをしてゲームを再開することになります。

ゲーム進行を円滑にするためなのか、身長などの体格差をフェアにするためなのか分かりませんが、まあ、時代や環境に合わせてルールは変わって行くのが健全だと思います。

しかし、こんな疑問に即座に答えてくれるインターネットってのはすごいですよね。もちろんこういった貴重な情報をサイトで公開されている人達に、何より感謝 :-)

コメント(4)

スポーツのルールってどんどん変わっていきますよね。
私が中学生のころはバレーボールは9人だったし。
それはちょっと別問題か。

脱線ついでに、ダウンタウン組が昔やってたコントのネタで
ルールがよくわからないナゾの球技の試合というのがあって
ポカンとしてる観客を尻目にどんどん試合が白熱していって
専門用語が飛び交ううち突然勝敗が決まるんです。
とっても面白かったです。

バレーボールはもうサーブ権とかないんでしたよね、確か。
僕はリベロってのもよく分かってないし(笑)
ダウンタウン組のコントの面白さは分かります :-)

あら。
バスケ部がここにも。
いろいろな競技でルールが改正されてますね。
水泳でもいろいろかわってるみたい。
よくわかりませんけど(笑)。

おや、そんな所にもバスケ部が(笑)
ルールって基本的にはシンプル伊豆諸島と思うんだけど、
勝ち負けにこだわると、あの手この手と皆考えちゃうからなあ。

トラックバック(0)(クリック▼)

トラックバックURL

「トイザらス」くんと「トイザらス・ドット・コム・ジャパン」101Blogあたり前田のクラッカー Blog Widget by LinkWithin

最近のエントリー

月別アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

ページの先頭に戻る