>

Home 101Blog Archive 東北 ダイエー跡地は育児支援施設
東北

ダイエー跡地は育児支援施設

  • 2006年2月20日
  • コメント(15)
  • トラックバック(0)

kids_blogさんの「いわにち のち あさひ : いわにち「盛岡中心街に育児支援施設」」より。

ところで大通りダイエー後を盛岡市が借りて、育児支援施設「つどいの広場」(仮称)にするらしい。初年度予算は約1700万。運営はNPOに委託だそーで。

ちなみに「いわにち」というのは「岩手日報」という岩手の地方紙です。「岩手日日新聞」という岩手の地方紙も「いわにち」という愛称で呼ばれているようです。

2chという巨大掲示板でも「ダイエー撤退後の店舗利用状況を語るスレ」なんてあがってますが、地方都市にとってはダイエー撤退問題は深刻。盛岡の旧盛岡ダイエー店は、盛岡市街中心にある大通り商店街に隣接していたのでなおさら。イオンなどの郊外型ショッピングセンターにいわゆる「ニューファミリー層」がとりこまれ、経済圏でのドーナツ化現象も問題視されています。

初年度予算が約1700万で運営はNPOに委託という事ですから、多分有料での運営になるのかなとは思いますが、商店街との緊密な協力で、利用が活発になればいいなと思います。駐車料金が無料だといいなあ。

僕ら夫婦も東京に居た時は、近くのこういった育児支援施設をよく利用していました。区で行っている場所で無料でしたけれど、子供の生育に関する相談などにもいろいろとアドバイスをいただきました。盛岡はこういった公共の育児支援施設が少ないんですよね。僕の住んでいた墨田区では、保育園も順番待ちだったし(結局入る事ができなかったんですが)、人口や環境の問題もあるんでしょうけれど、育児支援の場所や機会はもっと広がっていいんじゃないかと思います。子育てを楽しめる環境がもっと増えなきゃね。

というわけで、この施設、どんなものになるのか注目したいです。「子育て相談員を配置」するよりも、「場」を上手に作ってもらえれば、勝手に母親たちがサークルつくったり相談しあったりするはずなので。

皆が皆、親同士の交流に積極的というわけではないので、「子育て相談員」というのは大事だと思います。その人達がハブになって、親同士の交流が広がるんじゃないかなあ。まあ、無理に広げる必要もないかとは思いますし。チビ達が楽しい時間を過ごせて、親が一息入れる事ができる場所であれば :-)

ANNEX: どうなる盛岡のダイエー店舗」、「-edなこと: 2006年02月19日」などでもそれぞれの視点でエントリーを上げています。

コメント(15)

ダイエーがどんどんつぶれてく原因しってるけど言わない (´ー` )

聞きたいけど、言わないで (´ー` )

うちの近所のダイエーもつぶれました。
草津(琵琶湖の南の方)にあるヒカリ屋というダイエー系列のところは、SOHOのインキュベーション施設になったので、こっちもそうならないかと、ひそかに願っていたりします(^-^;

「インキュベーション施設」ってのもありだよね。コミュニティビジネスなら立地条件は最高なんだけど。とはいえ、多くの企業が生まれて廃れるのも早いからなあ。

お久しぶりです。
大通りのダイエー撤退は痛いですよね。北上ではかなり前に駅前と商店街の表にあった2つの大きなスーパー(○ンドーチェーンと○トー○ーカドー)が撤退した後苦戦が続いてます。
でも盛岡の場合は育児施設として生まれ変わるんですね。箱だけでなく、いろんな支援体制や財政的な裏付けもある、しっかり機能するものになったら、活性化にも望みが繋げるかもしれませんね。

トラバありがとうございました。
「チビ達が楽しくすごせて親が一息つける」。そうそう、ただそれだけでいいのに、その場が少ないんですよねー、盛岡。
特に幼稚園入園前の1〜3才児のお母さんは孤独な人が多いと思います。よその子とまぜてみればずいぶん気楽になるんですけどねえ。

指導員も、「管理」する人じゃなきゃいても良いな。「指導員」て言葉がイヤなのかも。

指導員じゃなかった。相談員。まちがえました。

>kidsさん
いつも楽しみに読ませてもらってます :-)
義父はいわにちを購読しているのですが、僕はほとんど読まなかったりします。地方欄にたまに目をとおす感じですね。反省。

>特に幼稚園入園前の1〜3才児のお母さんは孤独な人が多いと思います。
そうなんですよね。
そういった方々にはなかのさんが主宰する
http://www.e-morioka.com/~kosodate/articles/
の子育て掲示板 「子育ての独り言」なんかいいと思います。
1997年の春からの運営というのもすごいです。

>msasakiさん
箱だけつくる行政はもう難しいんじゃないかなと思います。そう言った意味ではNPOに委託というのは、思い切った選択だったのかも。丸投げではなく、行政のサポートには期待したいです。

“いわにち”といったら、一関の岩手日日のことだよ〜ん。

>“いわにち”といったら、一関の岩手日日のことだよ〜ん。

がお。そうだったんですか。
にわか岩手人はだめですね。さっそく本文修正いたしました。

あ、でもkidsさんとこは岩手日報だったりするなあ。

「いわにち」って岩手日日のことでは?と何回か言われました。県南の方にとってはそれが常識みたいですね。しかし私的には岩手日報を「いわにち」東奥日報を「とうにち」と呼んでいるのでした、あしからず。
青森の広告の仕事もしてるもので、関係各位が読んでもわかるようにという配慮でした〜。というわけで、kids_blogの「いわにち」は岩手日報ですよん。

ちなみに日日新聞は「いわてにちにち」「たんこうにちにち」と呼びます。

>kidsさん
訂正の訂正は訂正なのだ(笑)

トラックバック(0)(クリック▼)

トラックバックURL

ドリームゲート主催のシンポジウム101Blog整理は難しい Blog Widget by LinkWithin

最近のエントリー

月別アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

ページの先頭に戻る