>

Home 101Blog Archive 北海道 Internet 東北 富良野と岩手のコラボプリン
北海道
Internet
東北

富良野と岩手のコラボプリン

  • 2006年6月 1日
  • コメント(9)
  • トラックバック(0)

僕は酒場でお会いして気の会った方々には「富良野出身です」などと身の内話をします。多くの方は「あ、あの北の国からの……」とか「ワールドカップのスキー場の……」と言った話題で話はすすみます。でも、すみません、嘘です。へへへ。

実はこのブログのプロフィールにも書いてあるように、「上富良野町」の出身です。「上富良野町」というのは「富良野」の近隣地域です。説明するのがちょっと面倒だったりするので、有名な場所を偽っています(笑)。後ろめたい感じがしまして、ここで告白。オンラインで公開(後悔)しても意味ないですけど。わはは。

「富良野」という名が付いている地名は、僕の生まれ育った「上富良野」の他に隣町の「中富良野」に「南富良野」などがあります。「中富良野」はラベンダーで有名です。「南富良野」の「幾寅」地域は高倉健主演の映画「鉄道員(ぽっぽや)」の舞台ですね。僕は映画見た事ありませんが。

個人的なそれぞれの市町村との関わりといえば、僕の母は「北の国から」の中心舞台である「富良野」の「麗郷」という地域の生まれです。今でも親戚が多く住んでいまして(今でも「まーちゃん」だもん(笑))つながりは深いんですよね。

また「南富良野」に関しては、父が「幾寅」の郵便局長を数年務めていました。こんな不良息子でなければ、幾寅という地域で様々な方と公私含めたお付きあいをしていたのかもしれません。

「上富良野」の名誉のために付け加えておきますが、「上富良野」はこの近辺での開拓の発祥の地です。えへん。

さてさて、北海道や岩手の記事に反応してしまう昨今なのですが、北海道新聞の移住関連記事(道北エリア) - 北海道で暮らそう〜北海道新聞移住情報でちょっと気になった記事がありました。

小さな牛乳瓶の中で、やっとの力で固まっているプリンは、口に入るとすぐにとろとろに溶けてしまう。同時に牛乳の甘みとバニラの香り、カラメルソースの苦味が舌の上にじわっと広がる−。「菓子工房フラノデリス」(富良野)を経営する藤田美知男さん(42)が、四年前に生み出した「ふらの牛乳プリン」は、不思議な食感と深い味わいで全国のお菓子好きをとりこにする。その売り上げは実に月一万本に達する。

僕は甘味よりお酒を好む方なので(笑)まったくもって語る口を持っていないんですが、「ふらの牛乳プリン」は全国各地から多くの支持を得ているようです。そういえば、岩手や東北の逸品をオンラインで紹介して販売している「まがりや.net」で、富良野+岩手のコラボレーションによるプリンが紹介、販売されていたのを思い出しました。(参考:まがりや日記: 中洞牧場の牛乳とフラノデリスさんとのコラボプリン!

nakahorapurin.jpg

写真そのまま使わせてもらおう :-)

「まがりや.net」は扱っている商品も、デザインや写真、文章もとても素晴らしいです。今年は販売終了してしまった「まがりや.net - 大間 有限会社美吉丸水産 - 大間直送 特大 天然殻付き活生ウニ (3月1日から5月末まで)」とか、「まがりや.net - 久慈ファーム有限会社 折爪三元豚・佐助」とか、もうたまりません。

こういったブランディングをしっかりと意識したネットショップなども今後多くなってくるんでしょうね。

コメント(9)

このプリン相当美味しいです。

力強いお言葉。美味しそうとは書けるけど、「美味しい」とは食べた事ないから書けないし(笑)

小さい牛乳瓶プリンは流行なんでしょうか。
エキ地下の「くずまき高原牧場」(当然葛巻産)の
アンテナショップで、見た目コレとまんま同じ
プリンを売っており、普通においしかったのですが、
なんか仁義なき戦いの予感(w

湯上がりに腰に手を当てて飲みたいなぁ (´ー` )

>刷子筆男氏
新聞によると、
>複数のプリンが「ふらの牛乳プリン」と酷似している問題で、文化庁は1日、「くずまき高原牧場」の担当者を呼んで、盗作の認識の有無や「ふらの牛乳プリン」との関係などについて調書を提出するよう求めた。
らしいです。

>小山ミキティ
液体じゃありません。

マジっすか!!!!
半ば冗談だったのですが(w

な〜んて、本気で引っかかった俺はただのバカですかそうですか(w
(「文化庁」で気付け!)
http://www.iwate-np.co.jp/kurasi/ninki/ninki.htm
2月9日をご覧下さい。

ぐふふ。引っかかってくれたようで、うれし。わはは。
http://www.iwate-np.co.jp/kurasi/ninki/ninki.htm
なるほど、本当に同じっすね。「文化庁」は許しません(笑)

トラックバック(0)(クリック▼)

トラックバックURL

冷やし中華101Blog「町のあったかる〜む・おふくろさん」で「子ども風呂敷市」 Blog Widget by LinkWithin

最近のエントリー

月別アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

ページの先頭に戻る