>

Home 101Blog Archive Internet トラックバックありがとうございます?
Internet

トラックバックありがとうございます?

  • 2006年6月17日
  • コメント(9)
  • トラックバック(0)

ブログにはトラックバックという機能があります。TBなんて略されて呼ばれてたりもします。

他のブログなどのエントリーに共感を得たり、あるいは反論などある時に、自分のエントリー経由でそのページに対してトラックバックを送ると、対象ページにそのリンク先が記載されます。ブログとブログをつなぐ仕組みです。

僕もよくこの機能を利用します。

僕の送るトラックバックの多くは感謝の気持ち。有益な情報や素敵な文章や写真などに、ブログを通じて「ありがとう :-)」の気持ちを伝えるわけです。いわゆる片思い。押し売りといいますか(笑)

そういった僕の感覚の中で、トラックバックを受けた人が、「トラックバックありがとうございます。」ってのは少しばかり違和感あります。そりゃあ、自分のブログにトラックバックをもらうのも嬉しいものです。でも、「ありがとう :-)」の言葉に「どういたしまして :-)」と応えたほうがいいんじゃないかなあ。

そうそう、最近は、なんで?というページからトラックバックが数多く寄せられます。一般的に「スパム(迷惑)トラックバック」と呼ばれるものです。「スパム(迷惑)メール」や「スパム(迷惑)コメント」と同じですね。僕はMovableTypeというブログシステムを使っているので、システムがある程度そういった迷惑トラックバックを取捨選択して排除してくれます。

060617_tb.jpg

日によって、あるいはタイトルによって、怒濤の押し売りがある訳ですね。いやはや、こんな個人の近況報告のブログでもほんとに凄い時はすごいのですよ(笑)

システムが自動的に取捨選択(フィルタリング)してくれるのは嬉しいのですが、まれに本当に「ありがとう :-)」の気持ちを送ってくれたトラックバックもフィルタリングされちゃいます。気がつかないとそのまま削除されます。例えば僕が才能や行動力に注目して、尊敬している盛岡出身のクリエイター、アラカワケンスケ氏(-edなこと)からのトラックバックは何故かいつもはじかれてるんですよね。わはは。彼のブログはコメント欄閉じてトラックバック一本。潔い。

ごめんなさいと、ありがとう、そして、どういたしまして :-)の気持ちを込めて、トラックバックおくります :-)

コメント(9)

トラックバック_された_ほうの人が
トラックバック_した_ほうの人のブログへ
出向いて「トラックバックありがとうございます」と
言ってるのを見ると泣けてきます。逆じゃん。
トラックバックは_した_ほうが礼を言うもんですよ。

自分の店の看板の上にライバル店のポスターを重ね貼り
されて、なぜかそのライバル店にお礼を言ってるという。
なんでこんなトンチンカンな文化が根付いちゃったんでしょうね。

この逆転現象って、日本にブログが入ってくるときに
トラックバックの意味が誤って伝わったせいなのか、
それとも世界的に発生していることなのか、調べてみたい。

話途中でずらしちゃったんですけど(笑)、おっしゃるとおり。
個人的な感想ですが、トラックバックって日本では本来の形で浸透しないような気がします。

へぇ、そうなんですね。
トラックバックって、するときもされるときも「コメントの一種」「長文のコメントの代わり」って感覚だったんで、初めましての人などに「コメントありがとう」って言うのと同じように、お礼を言いたい場合はトラックバック元の記事に出向いて「ありがとう」って言ってましたねー。
あと「トラックバックしてくれたことに気付いたよ!」って意味も込めたりして。

本来は自分のブログの宣伝みたいな機能ってことなのかな? トラックバック送るときは気をつけよう。(^-^;)
でも「トラックバック送られても迷惑じゃないよ、読んでくれて+関わってくれてありがとね」って気持ちや、その「どういたしまして」という気持ちはどこに表現するのが本来の形なのかな…?

あ、断定的に書きすぎました。私は「トラバありがとうございます」
っていうあいさつの羅列にちょっと違和感を覚えるだけであって
与えられた技術をどう解釈してどう活用するかは自由だと思いますよ。
この話題は「トラックバック文化圏」という呼称でまとめられて
議論されてますけど、議論するほど各陣営の溝は深まるばかりです。

僕も小山さんと同じ考えで、ひとつの技術は利用者が自由に使ってかまわないと思ってます。僕が個人的に「トラックバックありがとうございます」というコメントに違和感を感じているという話だけです。以前、トラックバックを利用した連歌やしりとりもありました。こういった斬新な使い方みると楽しくなります :-)

>たけにゃかさん
追記。「トラックバック」=「コメント」という感覚、僕はおおまかに賛成です。実際そういう感覚でも、僕は数多くのトラックバックを送信しました。
そうそう、トラックバックを送ることで、自分の土俵(Webサイト)に持ち込む感覚はちょっとあるかなあ。ちょっと考えさせられました。サンクスです :-)

>「トラックバック送られても迷惑じゃないよ、読んでくれて+関わってくれてありがとね」って気持ちや、その「どういたしまして」という気持ちはどこに表現するのが本来の形なのかな…?

僕はそういった気持ちは、送ってもらったエントリーにトラックバックします。相互トラックバックってあんまり好きじゃないけど、先方のエントリーに「トラックバックありがとうございます」というコメント入れるよりはスマートかなと感じています。まあ、ルールじゃないですから、好みの問題です ;-)

>送ってもらったエントリーにトラックバックします
>「トラックバックありがとうございます」というコメント入れるよりはスマートかな

ふむふむ。勉強になります〜!
このエントリを読んで、(全然違うけど)WEBサイトのことをホームページとかHPって呼んでるのを見たときに感じる違和感を思い出したんです。私、「本来の意味」とか、できれば重視して使いたい派なので、気付けてウレシイっすー。

>トラックバック文化圏
こんなに議論されている問題だったのですね!全然知りませんでした。(゜O゜;)
ざっくり読んでみたけど、私は「ごあいさつ文化圏」+「言及リンク文化圏」でしょうか。
でもスパムに「ありがとう」とコメントする人なんて、、、存在するんですね。(^-^;)

トラックバック(0)(クリック▼)

トラックバックURL

父の日・家族似顔絵展101Blog500エラー Blog Widget by LinkWithin

最近のエントリー

月別アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

ページの先頭に戻る