>

Home 101Blog Archive 近況 東北 「味処 彩四季」で「安家地大根」
近況
東北

「味処 彩四季」で「安家地大根」

  • 2006年10月30日
  • コメント(4)
  • トラックバック(0)

夜も更けてきたので、ちょっと寄り道して紺屋町の「味処 彩四季」へ。大将が岩手の四季満載の「盛岡 味処 彩四季」というブログを公開しています。(参考:味処「彩四季」 (101Blog)

この時期の盛岡は陽が落ちるととたんに寒くなります。体を温めようと熱燗を頼んだところ、少し時期は過ぎましたが旧暦の9月9日は重陽(ちょうよう)の節句との事で、菊の花びらを浮かべてくれました。邪気を払い、長寿を願う日なのだそうです。

重陽

少しばかり小腹が空いたので、肴にいなだの塩焼きを頼んだ所、赤い大根のおろしが付いてきました。盛岡の蕎麦屋では、薬味に山葵ではなく紅葉おろし(大根と唐辛子のおろし)が付いて来る事が多いので(参考:「岩手 手打ち そば街道」で鴨ネギ (101Blog))、てっきりそうかと思たのですが、違いました。

いなだ

この赤い大根おろしの正体は、岩手手の岩泉町伝統の野菜である「安家地大根(あっかじだいこん)」

061030 Akkajidaikon

説明によると

岩泉町は、1,000m級の山々に囲まれた自然豊かな待ちで、先祖代々伝えられている農作物も数多く残っています。安家地大根は、主に安家(アッカ=アイヌ語で「清流のながれるところ」)地区を中心に栽培されている地大根

とのこと。

味はですね、大根です(笑)。辛みがちょっと強いので、薬味にはいいかも。

そして大将と楽しい会話をしながら、盛岡紺屋町の楽しい夜は過ぎて行くのでした。ははは。

コメント(4)

そばに合うかな (´O` )

やっぱり蕎麦には山葵かなあ。

おお!熱燗に菊の花びら。
何と風流な!
来週、盛岡へ行きますよ!
お時間あるようでしたら是非是非お会いいたしましょう!
くまのおじちゃんが飲み会参加者を集って下さっています。

9日ですね。何があっても時間空けますとも :-)

トラックバック(0)(クリック▼)

トラックバックURL

「深心」の熱々つけ蕎麦101Blog「おたふくかぜ」と「家庭の医学」 Blog Widget by LinkWithin

最近のエントリー

月別アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

ページの先頭に戻る