>

Home 101Blog Archive 近況 東北 「深心」の熱々つけ蕎麦
近況
東北

「深心」の熱々つけ蕎麦

  • 2006年10月30日
  • コメント(2)
  • トラックバック(0)

気になっていた肴町にある蕎麦屋「深心(しんしん):食べログ.com」へ初潜入。

岩手県盛岡市肴町4-24

熱い鴨せいろがたまらなく好きな僕ですが、

「岩手 手打ち そば街道」で鴨せいろ (101Blog)

締めは、お目当ての鴨せいろ。ここのメニューでは「つけ鴨そば」って書いてあります。蕎麦は細めで喉ごしもよく僕好み。鴨せいろの猪口が普通のせいろと同じ大きさなので、すぐにぬるくなってしまうのは少々不満ですが、濃いめのつけ汁に鴨の脂と焦げ目のついたネギ。いやあ、たまりません。

というわけで、つけ汁がぬるくなってしまうのが、ちょっと不満だったりするわけです。

しかし「深心」の実用新案3111036号にて提供される器は、この僕の不満を解消してくれそうです。

061030 Sinan
061030 Hoon

つけ汁の器の下に、焼いた石が入ってるんですね。保温機能付食器。これはすばらしいアイディア。

さっそく「鴨南蛮つけ蕎麦」を頼もうと思ったのですが、1300円なりとちょっと高い。ビールのつまみにもと欲張って、「天つけ蕎麦」900円なりで天ぷらは別盛りにしてもらいました。

061030 Tenseiro

結論。これじゃあかけそばと変わんないなあ(笑)
やっぱり「鴨南蛮つけ蕎麦」にすればよかった。やっぱり熱々のつけ蕎麦は、あの鴨からでる油と旨味がなきゃね。とほほ。

コメント(2)

(*´ρ`*) 鴨ってなんであんなにおいしいの?
今夜も99円ショップで「どん兵衛鴨だしそば」買います♪

鴨葱うどん♪

トラックバック(0)(クリック▼)

トラックバックURL

「藍CRAFT」と「Nucleus」101Blog「味処 彩四季」で「安家地大根」 Blog Widget by LinkWithin

最近のエントリー

月別アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

ページの先頭に戻る