>

Home 101Blog Archive 近況 東北 高校サッカー、盛岡商業高校決勝戦進出
近況
東北

高校サッカー、盛岡商業高校決勝戦進出

  • 2007年1月 6日
  • コメント(3)
  • トラックバック(1)

全国高校サッカー選手権大会」の準決勝第二試合。激しい雨と風が吹く中、天の利、地の利を味方につけて、盛岡商業高校(盛商)が1対0で千葉県代表の八千代高校を撃破。決勝進出です。

水はけのいい国立競技場とはいえ、今日の雨ではセンターサークル付近は水たまり。字のごとく中盤では泥沼合戦。気温も低く、選手達は最悪の状況でプレイします。前評判では八千代高校を押す声が多かったのですが、こういったコンディションの中では気持ちのぶつかり合い。0対0で前半を折り返し、後半も両校決定機を決めきれずPK戦に突入かと思った後半30分過ぎ、コーナーキックからのボールを八千代高校キーパーがファンブル。オウンゴール。これもサッカー。

決勝戦は、岩手代表「盛岡商業高校」対 岡山代表「作陽高校」。8日午後2時5分に国立競技場でキックオフです。

盛商OBの義父と盛商OGの家内は、さっそく明後日の国立競技場での応援を画策。たぶん明日東京に向います。義父と家内とチビ達に僕と。予定外の出費で嬉しいやら悲しいやら。とほほ。

閑話休題。

花崗岩のつぶやき:盛岡商業,決勝進出! - livedoor Blog(ブログ)より。

今大会は国見が初戦で破れ,前回優勝高の野洲高校も八千代に敗れるなど,強豪高がいなくなったといわれています.クラブチーム所属の高校生が増え,選手の育成が高校から,クラブへと変わりつつあるようです.学校の名誉をかけて戦う,というスタイルから、もっと長期的に一貫した指導方針の下,クラブが選手を育てるという変化は大歓迎です.しかし地方の選手はどうするのか,特に裕福な家庭の子供は良いのですが,収入の少ない家庭の,しかし才能に恵まれた子供達をどうやって育てるか,これは良く考える必要があります.

セリエAのFCメッシーナで活躍する小笠原選手は斎藤(現盛岡商業高校)監督を慕って、大船渡高校へ進学したというのは地元では有名な話。野球とは異なり(野球でもリトルリーグはありますが)、FC(フットボールクラブ)中心の活動が選手を育てるという方向は僕も賛成です。とはいえ、花崗岩さんの話だと、FC参加にはそれなりの出費が必要との印象。盛商が勝ったと浮かれてばかりではなくて、色々と考えさせられました。

コメント(3)

すごいすごい!!盛岡の活躍にバンザイ~盛岡を離れ・・・年。埼玉から応援に行きます!盛商の皆さんはとどちら側で応援ですか?教えてください

すごいすごい!!盛岡の活躍にバンザイ~盛岡を離れ・・・年。埼玉から応援に行きます!盛商の皆さんはとどちら側で応援ですか?教えてください

ともさん、たぶん僕も明後日応援に国立に向います。でもどちら側と言われても、分かりません(笑)
たぶん明日あたりからmixiなどで盛り上がるかと思いますので、その際はご報告します ;-)

トラックバック(1)(クリック▼)

トラックバックURL

» 盛岡商業決勝進出おめでとう!(Pastor's Blog)~のトラックバック

 すごい!盛岡商業が決勝進出です! 高校サッカーの話です。わが岩手の高校が決勝進... 続きを読む

昨年の昨日は雪だった101Blogワカサギ釣りはまだお預け Blog Widget by LinkWithin

最近のエントリー

月別アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

ページの先頭に戻る