>

Home 101Blog Archive Internet 年賀状の遅配とRFID
Internet

年賀状の遅配とRFID

  • 2007年1月 5日
  • トラックバック(0)

年末に大阪で1年遅れで昨年の年賀状が届いたなんて話を耳にしました。地域の担当局は「遅配はあり得ない」と説明しているようですが、どうなんだろう。

本日母の誕生日だったので「おたんじょうびおめでとうございます♪」とチビ達に電話させました。その後電話を変わって少しばかり母と話していると、年末遅くの29日に投函した101家の年賀状が今日5日に配達されたとの事。岩手県の盛岡市から北海道の上富良野。元旦に届けろとは言いませんが、ちょっとばかり遅すぎるよなあ。普通郵便だってそんなにかからないでしょう。ちなみに旭川に住む姉夫婦には3日に、父母の同じ町内に住む方には昨日4日に配達されたみたいです。よく分かりません。僕の祖父も父も郵便局に勤務していましたから(僕も年賀状配達のアルバイトした事ありますし)、気持ちとしてはあまり批判めいた事も言いたくありませんが、ちょっとおかしいな、郵便局。電話で問合せしてみたんですが、要領をえず。予想はしていたけれど。

年賀状に限らず郵便物の遅配や誤配というのは以前からあるらしく、ニュースや新聞に取り上げられたり、個人のブログなどで言及されている方も多いようです。考えてみれば町中にある赤い郵便ポストに切手を貼って、それが間違いなく宛先に届くという保証はないんですよね。「信書(参考:信書に該当する文書に関する指針(PDF):総務省)」の送達に関して郵便法他で保護されているというだけです。配達証明郵便や小包など以外の一般的な郵便物はトレースもできません。年賀状は期限内に投函すれば消印さえ押されません。あ、よくドラマなんかで失踪した人が投函した手紙の消印から潜伏場所が判明なんてケースがありますが、年賀状使うといいかもね。投函先ばれないよ。どうでもいいか(笑)

070105 Rfid

町中にある郵便ポストに投函されたはがきや手紙が、その宛先に届くまではブラックボックスなわけで、切手を貼って投函すれば届くと僕らが思い込んでいるのはそろそろ考え直した方がいいのかも。郵便局は信用できない。切手にRFIDチップが埋め込まれるまではね。

トラックバック(0)(クリック▼)

トラックバックURL

» 郵便 局 年賀状のサイト集情報(郵便 局 年賀状ファンクラブ)~のトラックバック

郵便 局 年賀状のリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 続きを読む

高校サッカー、盛岡商業高校ベスト8進出101Blog高校サッカー、盛岡商業高校悲願の国立の芝生へ Blog Widget by LinkWithin

最近のエントリー

月別アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

ページの先頭に戻る