>

Home 101Blog Archive 近況 東北 「岩手山銀河ステーション天文台」で土星
近況
東北

「岩手山銀河ステーション天文台」で土星

  • 2007年5月 4日
  • トラックバック(0)

岩手山焼走り国際交流村」で温泉に入った後は、同施設内の「岩手山銀河ステーション天文台」へ。見学会は大人300円なり。

岩手で最大級の500ミリ反射望遠鏡を実際に覗いて夜空を観察できます。

070504 Scoop

望遠鏡の移動はパソコンで操作。かっこいい :-)

070504 Pc

知らなかったんですが、半円球のドームに開いた窓(R2D2の顔みたいなやつ)は回転するんですね。天井が回るってのはちょっと奇妙な感覚。ちなみにあの窓にはガラスは入っていないとの事。冬は寒いらしい。もちろん雨が降ったら急いで閉めるそうです。

今日は満天の星空。まずは金星を観察。NASAの提供する画像になれている僕らの世代は、正直、え?こんな大掛かりな施設でこんな小さくしか見えないのと思っちゃったりします。素直じゃないなあ(笑)

続いて土星。お恥ずかしい話ですが、僕は土星が夜空に輝いているとは知りませんでした。望遠鏡を覗くと、わお、ちゃんとリングが見えます。えらく感動。チビなんか(参加者が少なかったこともあり)3回も覗いてはそのたび大騒ぎ。今日はたまたま奇麗に見える環境だったようです。ラッキーでした。

その後恒星をいくつか見せて頂いているうちに参加者も増えて来たので、僕らは1階のホールへ向い、切り絵による「銀河鉄道の夜」を鑑賞。ちょっと古い雰囲気の作品でしたが幻想的でよかったかな。プロジェクタが見にくかったのと、音響がひどかったのは残念でしたが。

岩手山が間近に見える満天の星空の下、本日も親子3人川の字で車の中で就寝です。

Technorati Tags:

トラックバック(0)(クリック▼)

トラックバックURL

「岩手山焼走り国際交流村」キャンプ場101Blog豪雨雷のため撤収 Blog Widget by LinkWithin

最近のエントリー

月別アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

ページの先頭に戻る