>

Home 101Blog Archive 近況 「政治」と「野球」と「宗教」
近況

「政治」と「野球」と「宗教」

  • 2007年7月 3日
  • トラックバック(0)

酒場では「政治」と「野球」「宗教」の話はタブーとされてきたんですが(喧嘩になるからね)、政治は無関心や無党派層が増え、野球はテレビ放送も縮小傾向。宗教はよく分からないけれど、オウム真理教の事件以来、新興宗教に対しての免疫は多くの人が持つ事になったのかもしれない。

「安倍「不信任」過半超え 「もう奇策なし」の声」政治も‐政局ニュース:イザ!:より。

 永田町は29日投開票の参院選本番に突入した。安倍晋三首相にとっては初の大型国政選挙となるが、「消えた年金」問題などの影響で、内閣支持率は過去最低を更新し、「危機ライン」とされる30%を割り込んだほか、不支持率も過半数の5割を超えた。久間章生防衛相の「原爆投下しょうがない」発言も飛び出し、安倍内閣は三重苦を抱える。「年金選挙」後の退陣がいよいよ現実味を帯びてきた。

松岡利勝農相の自殺や、年金問題(マスコミがあおり過ぎという印象もありますが)、そして原爆投下の「しょうがない」発言と続き、自民党は惨敗の予感。先ほど久間防衛相が引責辞任との報道がありました。いやはや。まあしょうがないよな。

原爆投下は民間人を意図的に標的にした無差別大量虐殺ですから「しょうがない」ってのは問題ありだもんな。東京大空襲など都市部を標的にした空襲も含めて、第二次世界大戦での米国の行った大量虐殺に関しては後に歴史が正当に評価してくれるでしょう。当時の彼らは鬼畜だったって。(参考:原爆投下は何を問いかける?:スタンフォード大学歴史学教授 バートン・バーンスタイン PDF)

野球の話だとイチローがファン投票で7年連続の球宴出場(参考:イチロー7年連続の米球宴出場 - MLBニュース : nikkansports.com)。すごいね。今年もあまり日本のペナントレースには注目していなかったんですが、そろそろウオッチしようかな。セリーグは巨人の独走、パリーグは日本ハムが首位ですが、ロッテとソフトバンクが健闘。そういえば今日は「楽天」×「ソフトバンク」が岩手県営球場で開催。行かないだろうな、たぶん。

宗教の話ってのはあまりないけど、そうそう5月頃に読んだ「お坊さんが困る仏教の話」が面白かったな。著者の村井氏は盛岡出身の方らしいです。仏陀の原始仏教から大乗仏教、葬式中心の最近の流れまでを分かりやすく解説しています。確かにこれ読まれるとお坊さんは困るな。おすすめ。

そんな訳で当り障りのないタブー話を三題。盛岡は久しぶりに一日梅雨空です。

トラックバック(0)(クリック▼)

トラックバックURL

父の日の似顔絵101Blog大盛りほっかいどうブログ Blog Widget by LinkWithin

最近のエントリー

月別アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

ページの先頭に戻る