>

Home 101Blog Archive 近況 絵本の読み聞かせ
近況

絵本の読み聞かせ

  • 2007年7月17日
  • トラックバック(0)

5才とまもなく7才になるうちのチビ達はとてもよゐこで、20時前にはもうベットに入ります。食事は17時半前後、お風呂は18時前後と全体的に早いのもあるけれど。

お風呂はまだ二人とも僕と一緒に入ってますが、寝かせ付けるのは家内だったり義父母だったり、たまに僕だったり。最近は上のチビが義父母と一緒に寝て下のチビが僕ら夫婦と寝るというパターンですが、たまに入れ替わったりすることもあったりします。幼いながら2人の中で様々な駆け引きがあるようです。ははは。

昨日はチビ2人が僕らのベットに。家内がちょっと熱があることもあり、心配して上のチビも一緒にいたかったのかな。優しい子です。まあそんなわけで僕が寝かせる当番。ベットサイドのライトスタンドの灯りの中、図書館から借りてきた絵本を3冊ほど読んで消灯。

僕は絵本を一冊読み終わるのは10分くらい。絵本って文字数もページ数も少ないのでストーリー読むだけだと1〜2分で終わっちゃうんですけど、チビ達の反応を聞いたり横道にそれたりのんびり話を読むとそれぐらいの時間はかかっちゃうんですね。一方紙芝居(図書館で貸し出ししてくれるんですよ)は難しい。僕なりに声色かえながら話をすすめるとチビ達はもう真剣。絵本と違ってストーリーを途中で折っちゃいけないし、チビ達は興奮して目がぱっちりとあいちゃうしなあ。テレビ的というか。で、2〜3分で「おしまい」。寝かしつけるときは紙芝居は最初に読むのが吉です(笑)

で、3冊ほど絵本を読み聞かせをして、スタンドライトも消灯。20時半なり。下のチビは昼寝したらしいのですぐに寝付けず、あっちにいったりこっちにいったり。上のチビはそういった妹の行動を僕に苦情を言いながら15分後には夢の中。下のチビは1時間ほどごろごろしながらようやく就寝。すんなり寝れないのは可哀想だったけど、寝た振りをし続ける僕も結構大変。やれやれ。

本日は上のチビは義父母のベットで就寝らしいのですが、20時過ぎに下のチビから内線で絵本を読んでほしいと電話。家内はまだ少し熱があるみたい。しかしまだ寝てなかったのか。ははは。

こぎつねコンチといちご母屋にもどって定石通りまずは紙芝居「こぎつねコンチといちご」。下のチビはアンパンマンの紙芝居を好んで借りてくるんで、これはたぶん上のチビのチョイスだな。おかあさんは優しく繊細なコンチの気持ちをしっかりと受け取って、しみの付いたシャツに刺繍を付けてあげます。うちの家内だと「ちゃんと座って食べないから」とか叱るところだけどね。いちごなら大丈夫か。ぶどうはシミが取れにくいらしい。どうでもいいか。わはは。まあアンパンマン系の紙芝居だと「アンパーンチ」とか「は〜ひふへほ〜」とか言いながら紙芝居を動かしたりしてチビ達の笑いを誘うんですが、今回は静かに進行。

スノー・ベアー次は絵本「スノー・ベアー」。友達のいないちいさなシロクマが自分で作った雪像の友達を切っ掛けに、自然という新しい友達や、思い出を大事にする気持ちに気がついたりする、ちょっと寂しいけれど希望を見つける哲学的な話。ご想像のとおり、チビのまぶたはそろそろ限界(笑)

子守唄のCDを流してスタンドライトを消すと、2曲目で夢の中へ。可愛いものです :-)

トラックバック(0)(クリック▼)

トラックバックURL

インターネット経由の地震情報101Blog期日前投票 Blog Widget by LinkWithin

最近のエントリー

月別アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

ページの先頭に戻る