>

Home 101Blog Archive 近況 Mac マインドマップとアウトラインプロセッサー
近況
Mac

マインドマップとアウトラインプロセッサー

  • 2007年11月 7日

明朝までに原稿をひとつあげなければいけないのですが、こうやってブログ書いてたり。夕方まで待ってもらうようにお願いしなきゃいけないかも。

Twitterなどのマイクロブログなどは気軽に脊髄反射で書いたりできるのですが、僕の場合まとまった文章を書くとなると構成を考えなきゃ書けないんですよね。頭が固い。

テーマが広かったりする時は、マインドマップと言われている手法を使います。もやもやした考えをを整理するにはとても便利な手法かと思います。僕は独学ですが、色々と講習会やセミナーなどもあるそうです。

Mind Map

まあ、こんな感じでコピー用紙の裏紙にがりがりと思いつくまま書き込みます。キーワードが広いと別ベージで展開されます。好きなだけ自由に。その後、清書の時間。マインドマップのアプリケーションを利用して内容をキーボード経由でパソコンに打ち込みます。手書きの自由奔放なイメージが徐々にまとまり始めたりする場合もあったり、なかったり。

僕の使っているのは「NovaMind」というソフト。Windows版もあるみたいです。ちょっと重たいのはバージョンが2つばかり古いせいだな。今最新の30日の試用版を利用してみて、おおと思ったもんなあ。欲しいなあ。でもV2.Xからのアップグレードが90ドルってのはちょっと考えちゃうわけです。たぶん数日後にはポチッと押しちゃうかな。PCのアプリケーションで清書する利点は、キーワードの文字や文章を打ち込む事で内容を再び整理できる事です。ブランチの移動も消しゴム使わずに簡単にできますしね。もちろん画像などの埋め込みなども可能です。

novaMind

今回は清書にコメントつけてプリントアウトして、それを元に原稿を仕上げるという感じです。もう少し長い原稿だと、この内容をアウトラインプロセッサーに取り込んでもうひとひねり。アウトラインプロセッサーは「OmniOutliner」を利用しています。MacBookにバンドルされてました。登場する機会は少ないですけれどね。僕の本職はデザイナーだし。でも最近僕が自分でも何者か分からなくなって来た。わはは。

とにかくですね、今は眠いという事で。ちょっと仮眠します。現在26時20分。マインドマップ・アプリケーションやアウトラインプロセッサーを利用して考えがまとまっていれば、原稿も短時間でしっかりと書けるはずです。たぶん。

おやすみなさい。

多摩ビールとネットの仲間101Blog新聞の実名コメント Blog Widget by LinkWithin

最近のエントリー

月別アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

ページの先頭に戻る