>

Home 101Blog Archive 近況 東京 両国でフランスとシンガポール
近況
東京

両国でフランスとシンガポール

  • 2007年11月10日
  • トラックバック(0)

渋谷のクラブで開催された「サタデーナイトウェブダー」なるイベントに参加したのですが(参考:渋谷で「サタデーナイトウェブダー」 - 101Blog」)、どうも渋谷という土地は落ち着かないので、両国に向かい「ペールギュント」でビール。美味しいなあ。

ペールギュント

東京と地方の地域格差同様、渋谷区と墨田区の地域格差も大きいんだよという地元経済の話とか、お店の元ウエイトレスだったかおりちゃんがフランス人と結婚したんだよなんてゴシップ話でマスターと雑談。かおりちゃんの声を電話で久しぶりに聞いたんですが元気そう。おお、今8ヶ月らしい。おめでとう :-)

そんなこんなでちょっとなごんでいると、カウンター友達だった林氏が登場。会うのは4年ぶりかなあ。たぶん2003年の隅田川花火大会以来だもんな。(参考:メインイベント - 101Blog

何やら話を聞くと今は勤めていた国内企業のシンガポール法人で社長に就任したとのこと。おめでとう。たまたま数日前からCEO向けの講習会に参加するために日本に来ていたらしいです。RPG形式の講習会らしく、話を聞いていると面白そう。とはいえ本人はその講習の数日間でえらく脳の酸素を消耗したらしくへとへとの模様。

ご存知の通りシンガポールは東南アジアの金融センターで観光国家。喫煙や飲酒といった嗜好品に対してとても厳しい国という一面もあります。課税がかかって、煙草は500円程度らしいし、日本の焼酎が(何ミリリットルだか聞き忘れましたけど)8000円ぐらいらしいです。路上にゴミを捨てたり唾を吐いたりすると罰金刑です。

僕は十数年前にモルジブに行き帰りする際にシンガポール空港でトランジットしましたが、街には出てないんですよね。その当時からとても奇麗な街だという情報は聞いていました。なんだかディズニーランドみたいだなと思ったものです。たぶん今でもそうなんだろうな。

東南アジア進出は今大きなチャンスではあるらしいけれど、海外でのビジネスは政治や経済といった世界情勢の外的要因に大きく左右されるので多くのリスクも抱えざるを得ないらしい。僕には分からない世界だな。世界進出といってもいろいろあるみたい。東北から東京に軸足を移そうとするだけで僕の中では一大事なんだけれど、もう少し広い視野があってもいいかな。いや、ないな(笑)

トラックバック(0)(クリック▼)

トラックバックURL

渋谷で「サタデーナイトウェブダー」101Blogユーザーインターフェイスデザイン Blog Widget by LinkWithin

最近のエントリー

月別アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

ページの先頭に戻る