>

Home 101Blog Archive インフルエンザとタミフル

インフルエンザとタミフル

  • 2007年12月10日
  • トラックバック(0)

上のチビが少し微熱が続いているので、午後に義父母が病院につれていってくれました。診断はインフルエンザとのこと。まいったな。香港A型らしいです。先週末に予防接種にいったらしいのだけれど。本人はいたって元気だし夕食時には熱も平熱に戻ってるし、反応があったのは予防接種の影響じゃないのと素人考えで思ったりして。素人考えはよくないな。

で、処方されたのが「タミフル」という薬。ご存知の通り数年前から副作用や関連性があるかどうか不明である事故などが色々と騒がれている薬です。医師は4日間服用してくださいとの事。信頼している小児科の医師が処方してくれたわけですから処方箋通り飲ませるべきなんですが、やはりまだ騒がれている「タミフル」の服用に関しては不安になったりするわけです。

集団生活をしているわけだから自分の子供が風邪をもらったりするのはしかたがない。とはいえ、インフルエンザのように感染しやすく体に負担をかける病気を他の子に染しちゃうってのは避けなきゃいけない。もちろん治ったという医師の判断を得るまでは熱が下がっても学校に登校することはさせるつもりはありません。

薬というのはほとんどの場合病気などに対する効果と、体に対する副作用があるらしく、タミフルにもインフルエンザのウイルス増殖が阻止される症状改善が早期に得られる反面、嘔吐や下痢、意識障害などの精神症状が現れることがあるそうです(参考:タミフル お薬情報 - Yahoo!ヘルスケア)。体温低下による深刻な症状も報告されていると聞きます。

やはり深刻な場合は医師の判断にまかせるべき。でも今回はチビの体温も平熱で元気だし、今週は小学校を休むようにという指示をもらっている事に加え土日という2日間の猶予もありますし、家内と話して「タミフル」を飲ませるのは明日の状態を見てからにしようという事になりました。インフルエンザというのは高熱を伴う様々な症状があると聞きますので悩みましたけれど、僕はゆっくり休んでインフルエンザを排除するチビの自然治癒力に期待したいと決めました。

「タミフル」は発症から48時間程度の初期に投与するのが効果的らしいので、今夜熱がでたらどうしようとドキドキしながらこんな事書いてたりするわけでして。苦しい思いするのはチビですからね。加えてそうなると下のチビや家族にも感染しそうだしな。でも「タミフル」は今回だけはパスします。チビが明日元気に朝食を食べていればいいなと願ってます。

追記:念のため。誤解されると嫌なので付け加えておきますが、僕は医師の判断や処方を否定しているわけではありません。その時々で適切な判断をしてくださっていると思います。タミフルという薬もね。もちろん不安が解消されていない薬を飲ませる事へのとまどいはありましたが、今回はインフルエンザによくある高熱やそれに伴う症状もありませんし、僕の判断で明日の朝まで様子を見ようと決めただけです。もしこの後発熱してチビが数日インフルエンザと闘うようになったらすぐに僕の否をお詫びして医師の判断を仰ぎにいきます。チビにも詫びなきゃね。

追記2:本日も平熱で元気いっぱい。よかった。まだ症状がどう変わるか分からないし、医師からの診断通り登校は来週月曜日以降だな。

追記3:「タミフル問題 - 新小児科医のつぶやき」でタミフル問題についての話があがってます。コメント欄なども含めて読んでみると、現場や医師の方々の中でもそれぞれ異なった視点があるようですが、おおむねタミフルのインフルエンザに対する効果に関しては肯定的なようです。とはいえ処方するかしないかというのはマスコミ報道の影響や、医療現場の説明責任にもからんで来るらしいので(政治的な話も多分に影響しているかもしれないらしいし)、難しいというか慎重にならざるを得ないというのが現実らしいです。むむむ。
でも何より、こういった話を(専門用語はまるで分かりませんが)読む事ができるのはとてもありがたい事だと思います。

トラックバック(0)(クリック▼)

トラックバックURL

ミスド店員が内部告発101Blogウィキペディアをビジュアル化する「Pathway」が日本語対応 Blog Widget by LinkWithin

最近のエントリー

月別アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

ページの先頭に戻る