>

Home 101Blog Archive 近況 東北 岩手日報社主催のクリスマス子ども大会
近況
東北

岩手日報社主催のクリスマス子ども大会

  • 2007年12月20日
  • コメント(2)
  • トラックバック(0)

 第29回クリスマス子ども大会(岩手日報社主催、明治製菓・講談社協賛)は20日、盛岡市の県民会館で開かれ、親子で一足早いクリスマスを楽しんだ。
 市内外から約1800人が訪れた。岩手日報社の藤田耕也広告局長が「雪の中、大勢来てくれてありがとう。楽しんでください」とあいさつした。

しかし岩手日報のWebサイトの記事引用のしにくさったらないもんなあ。文字選択が出来ないようにスクリプトが動いてるんですよね。そろそろオープンにしてほしいな。記事内容を悪用する人はコピー&ペーストではなくてごっそりデータを引き抜いてますってば。記事が消えちゃうってのもちょっとな。パーマネントリンクは大事だと思うけれど、この辺は考え方の違いなので何とも言えません。

と文句いいながら参加させてもらいました(笑)
「クリスマス子ども大会」は主催が岩手日報、後援に盛岡市教育委員会、IBC岩手放送、協賛に明治製菓と講談社。今回で29回目らしいです。すごいね。参加費は無料。市内の書店などで入場整理券を配っているのですが、すぐになくなってしまう人気のイベントらしいです。話には聞いているので、僕と義父は朝一番で書店に行ってチケットゲットしたわけですよ。へへへ。

クリスマス会

開演が午後2時ということで、上のチビはまだ小学校の授業中。時間差攻撃です。先に義母が下のチビをつれて会場に、そして小学生低学年は5時間授業なので義父の車で2時半頃に迎えに行って、車内で着替えてそのまま会場へ。ちょうど第一部の「クリスマスのうた」が終わる頃だったので、次の映画「ムーミン」には間に合ったようです。第二部はぬいぐるみの人形劇「三びきの子ぶた」とプレゼント抽選会らしい……というのは、僕は上のチビを席に座らせて義母に二人のチビをお願いして会場出ちゃったんでよく分かりません。いや、暇そうに見えても色々とあるのですよ。

事務所で仕事していると、夕方にチビ達が帰宅。明治製菓協賛だったこともあり、袋一杯にお菓子をもらってきました。スナック菓子は間食で食べ過ぎると食事がおろそかになるので、僕が半分もらう事にしよう。そうしよう。カール大好きだし。ははは。

チビ達にお風呂で話を聞くと、えらく楽しかったらしい。でもどうやら「三びきの子ぶた」のエンディングが彼女らの見聞きしてきた話とはちょっと違うようで、違和感あったみたいです。まあ演出する人の考え方はそれぞれだだけれど。家内なんかもまだチビ達が文字を読めない頃は、例えば赤ずきんちゃんの絵本で「オオカミが井戸に落ちて死んじゃいました」ってのを別の話で置き換えたりしてたもんなあ。気持ちは分かるけど、原作通りそのままでいいんじゃないかと僕は思ったりもします。

さて、一足早いクリスマスを楽しんだチビ達ですが、まもなく本番のクリスマスが控えてます。サンタ(僕の父母)からのクリスマスプレゼントは到着済みで、僕の事務所に隠してあります。今年もビデオを撮るのが楽しみです。上のチビはそろそろサンタクロースに対して疑問を持ってもいいんじゃないかとは思っていたり、そうじゃなかったり。本人は薄々感じてはいるんだろうけどね。たぶん。ちょっと複雑な今年のクリスマスだったりします。

コメント(2)

岩手日報社 読者・メディアセンターと申します。

無断で岩手日報HPに掲載されている記事の転載、記事への直接リンクは、岩手日報社では許可しておりません。
このような利用は、著作権法に基づく著作権侵害となりますので、直ちに削除願います。
弊社では、ウェブへの著作権二次利用は一切認めておりませんので、申請しても許可されません。ブログ上の岩手日報記事部分の引用をお止めください。

今後とも岩手日報をよろしくお願いします。

>岩手日報社 読者・メディアセンター様

このエントリーに関しての御社の記事の一部は引用です。記事への直接リンクは引用元を明示するためです。
記事の引用に関しては著作権法では引用権が認められています。私はその権利をこのエントリーで正当に行使しているだけです。
削除を依頼されるのでしたら、もう少し明確なご説明をいただけませんでしょうか。

トラックバック(0)(クリック▼)

トラックバックURL

エジソンも泣いてるよ。白熱電球の国内製造・販売中止を表明101Blog「日本製紙クリネックススタジアム宮城」の名称は「Kスタ」 Blog Widget by LinkWithin

最近のエントリー

月別アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

ページの先頭に戻る