>

Home 101Blog Archive 近況 Mac エルゴソフトのパッケージソフト事業終了
近況
Mac

エルゴソフトのパッケージソフト事業終了

  • 2008年1月29日
  • コメント(2)
  • トラックバック(0)

昨日は20時にベットに入って、昔読んだミステリー小説をめくりながら、下のチビと陣地争いを繰り広げた後、21時過ぎに就寝。敵の攻撃は腹部に太ももにずしっと来るんだよなあ。仕返しはできないので、こちらは陣を組み替えるのみ。最初から負け戦。辛いなあ。

26時半過ぎに目が覚めて、事務所へ。まあこんな生活パターンも悪くはないかも。メールへの返信や、昨日出来なかった取り残しの作業を進めて一段落。5時過ぎにブログなどを見て回ると、Okanoさんのブログで「Goodbye EG」というタイトルが。

すでに Mac ユーザーの間では話題になっていますが、エルゴソフトが本日 1 月 28 日限りで egword と egbridge の販売を終了し、パッケージソフト事業を終了すると発表しました。

ERGOSOFT

ERGOSOFT|エルゴソフト

1984年の創業以来(Macの登場した年ですもんね)一貫してMacの日本語環境改善に努めてきた同社ですが、今回「Mac OS Xの日本語環境の成熟など」を理由に、パッケージソフト事業を終了するとの事です。

僕も一時期egbridge(まだ大文字の頃)にはずいぶんお世話になりましたが、Mac OS Xへの移行後は他社の日本語入力ソフトを使う事が少なくなっていたのは確か。ATOKを導入した時期もあったけれど、結局OSアップグレードの際にことえりに戻してそのまま。

エルゴソフトで僕のブログを検索するといくつかヒットしました。

盛岡に移って最初の原稿依頼がEGWORDのレビュー記事だったみたい。大出さん元気かなあ。不義理していて申し訳ありません。

「アップルユーザーグループミーティング盛岡」の開催の立役者でもある「岩手Mac友の会」にも、今年はほとんど参加しなかった。反省。

そうそう、誤解を招くといけないので付け足しておきますが、エルゴソフトは「パッケージ事業」からの撤退であって、廃業という訳ではないようです。

話は戻してエルゴソフトのパッケージ事業からの撤退。時代の流れを受け取ったのかも。MacBook Airの影響も当然あるだろうなあ。パッケージにはいい面もあるし、悪い面も当然あったりする。僕といえば最近パッケージ(店舗に流通してそこで購入という形)でのソフトウェアはほとんど購入していないんですね。最近購入したアドビのAcrobatやFlash、Photoshopなどのメジャーなアプリケーションでさえもダウンロード販売での購入だったしな(僕が地方在住ってのも大きな要因だけれど)。ダウンロード販売のアップグレードでもそこそこの値段なんだけど。アドビはもう少しダウンロード版を安くしてほしいなあ。

ユーザーにとってのパッケージとダウンロード販売の違いは、CDとかDVDというパッケージが付いてくるかどうかと、ほとんど読まないんだけどありがたそうな分厚いマニュアル本が付いてくるかどうかぐらい。

個人的には、ダウンロード版が主になって、流通や販促費が抑えられ、より適切な価格で素晴らしいソフトウェアが手軽に購入できるようになれば、僕にとっては嬉しい限りです。

追記:事実上の撤退のようです。さびしい。

参考:Cocoa を飲んで、ほっとして。: 事業撤退

コメント(2)

EGBridgeをアップルに技術譲渡して(させて),「ことえり」として生き長らえさせる,というのがいいと思うのです.
ERGOもアップルもユーザーも誰も損はないいい案だと思うのですが...

drasakさんの考えには賛成なんですが、ERGOはERGOであってほしいという勝手な思いがあります。ERGOにはこれからもイノベーターであり続けてほしい。脱パッケージの方針には期待してるんですよね。

トラックバック(0)(クリック▼)

トラックバックURL

「BRUT」跡と「カレー工房 チャルテン」101Blogたまにはパパ Blog Widget by LinkWithin

最近のエントリー

月別アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

ページの先頭に戻る