>

Home 101Blog Archive 魚のフードマイレージがわかる「魚環境尺」

魚のフードマイレージがわかる「魚環境尺」

  • 2008年2月 1日
  • コメント(2)
  • トラックバック(0)
 水産品のフードマイレージが一目でわかる「魚環境尺(うおかんきょうじゃく)」が話題を集めている。  「魚環境尺」は水産品が産地から岩手県盛岡市に届くまでに、どれだけの環境負荷がかかるかを「物差し」にしたもの。尺の上にはフードマイレージの目盛り、下にはまぐろ握り一貫やいか、さんまなど、魚介類の重量が記されている。左右に可動する尺を青い矢印に合わせることで、国内の各都市はもちろん、遠くはチリ、ノルウェーなどからのフードマイレージもひと目でわかる仕組み。

とてもユニークな試み。そういえば以前検索エンジンで有名なGoogleのキャンパスでフードマイレージや健康を価格に置き換えた試みが紹介されていました。

Googleといえば、建材が全てお菓子のヘンゼルとグレーテルの「お菓子の家」のように食べ物があふれていることで有名。社食は全品無料で、半径150マイルでとれた食材のみを利用。(locally grownというのがアメリカの「正しい食事」のキーワードの一つ。遠くから運搬すると、そのために使われる燃料が地球にやさしくないので。)それ以外にも、様々なおやつや飲み物が共有スペースにふんだんに積んであります。

グーグルが「お菓子の家」というのは見聞きしていたのですが、地産地消もしっかりと実践してるんですね。

持ち帰る人も多く、社員食堂以上にコストがかかっている、ということもあるようですが、それと同時に社員がジャンクフードを食べまくって不健康、という問題もある模様。

そこで登場したのが、「不健康さで値段が決まる、ジャンクフード専用有料自販機」。
「カロリー」「脂肪」「糖分」という三つのファクターそれぞれ単位あたりの値段が決まっており、それを合算して値段が決まる、という仕組み。

健康をお金で買うのではなく、不摂生をお金で買う時代なんだなあ。まあGoogleの試みは半分ジョークなんだろうけれどね。

コメント(2)

「餃子出来たよ~、全部岩手県産だよ~・・・」

さてと・・・上がろ。

昨日盛岡駅地下の立ち飲み屋さんでの話題の中心はもう毒餃子(笑)
いろんな意味で面白かったなあ。

トラックバック(0)(クリック▼)

トラックバックURL

盛岡経済新聞101Blogそろそろ僕も歩き出さなきゃ Blog Widget by LinkWithin

最近のエントリー

月別アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

ページの先頭に戻る