>

Home 101Blog Archive Internet 社長ブログの閉鎖
Internet

社長ブログの閉鎖

  • 2008年2月 6日
  • トラックバック(0)

無料ブログの提供サービスで有名なエキサイトの社長である山村氏のブログが今月で終了(エキサイト社長、山村幸広のインターネットブログ : 最終回「最後の晩餐」)。当時流行った数多い社長ブログの中でスノッブなグルメ記事を中心とした内容で異彩をはなっていたのですが、現在数多くあるグルメなブログに色々な意味で影響を与えてきたんだろうなと思います。僕が購読しているグルメ関係のブログも、そういえばエキサイトブログを利用している比率が高いな。「グルメブログ普及の広告塔としての活動」といった意味では多くの影響を残したと思いますし、揶揄する方々も多いようですが「社長ブログ」の目的はしっかり結果を結んだんじゃないかな。

エキサイトブログが4周年のキャンペーンを展開し、そのサービス開始から綴られてきた彼の「社長ブログ」も同様に4年。切りのいい所でブログ更新を終了するとの話ですが、エキサイトの最近の業績や株価下落を見ると引責閉鎖という憶測があっても無理はない。一部株主からは辛辣な意見もあるしね(参考:4流経営者 : やっとの休載)。

エキサイト株価

Yahoo!ファイナンスより

一時期流行った「〜社長のブログ」と題したブログや、あるいは会社のページ内で運営したりリンクをしたりといった「社長ブログ」は、上場非上場は別にしてもう公人としての発言になっちゃうわけで、常識的に考えれば私人としての発言が拘束されてしまう。発言する社長や購読している両者にとってつまらなくなり更新が滞ったり、閲覧者は購読を解除したりと、結果として社長ブログを辞めてしまうという流れが多いような気がします。

社長ブログを辞めてしまう方々の多くは、ネットリテラシーの欠如というか、昨年の流行語大賞にノミネートされた 「KY(空気が読めない)」という人が多い傾向を感じます。周りのパートナーや他人の声に聞く耳を持つ社長ならばそんなことにはならないんでしょうけれどね。逆に聞く耳を持ちすぎている国会議員や地方議員のブログが概ねつまらないのはそういう事なのかな。

社長ブログを辞めた方々には「会社の看板を背負ってのブログ」の目的やビジョンを再確認して再開してほしいです。と、偉そうな事書きましたが、僕は1エントリーで閉じちゃったんだけどね。わはは。

トラックバック(0)(クリック▼)

トラックバックURL

Yahoo! オークションからおてがみついた101Blogブロガー第一世代は交代? Blog Widget by LinkWithin

最近のエントリー

月別アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

ページの先頭に戻る