>

Home 101Blog Archive 北海道 東北 宇部煎餅店の「こわれせんべい」
北海道
東北

宇部煎餅店の「こわれせんべい」

  • 2008年4月 4日
  • コメント(7)
  • トラックバック(0)

岩手名産のひとつに地味ながら「南部せんべい」があります。その「パンのみみ」ならぬ「煎餅のみみ」が売っているんですが、これが結構美味しい。(参考:南部せんべい「がんこみみ」 - 101Blog

原渓さんのブログ(原渓の遊び場: 小松製菓 せんべいのみみ)によると「最近スーパーマーケットでみみを見かけないと思っていたら、パッケージと内容量が変わると言う作業をしているらしい....」との事。密かに全国的なヒット商品になっているのかも。

原渓さん曰く「煎餅を買えって....、ごもっともで....。」

そうです。みみもいいけど、本体である「せんべい」も忘れちゃいけません。僕は今北海道の富良野に滞在していながら、昨日「みみ」ではない「煎餅」を買ってきました。えへん。

こわれせんべい

「こわれせんべい」。商品にならない廃棄ものという意味では同じですが。ははは。

製造は岩手県久慈の宇部煎餅店です。みみもちょっと入ってますが、メインは割れた南部煎餅。近所のスーパーで210グラム入り158円なり。厚焼煎餅(クッキータイプ)とごま煎餅(塩味とかりん糖タイプ)が入っているそうです。岩手でも売ってるのかな?

コメント(7)

こんばんは
 はじめまして。
 私は先日東京の小田急系列のOXストーアーでお宅のせんべいを偶然発見しました。大変しっかりとした作りで久ぶりに本来のせんべ いらしいせんべいを味わせてもらいました。

いろいろなせんべいが市中に氾濫しておりますが、本当に感激のせんべいでした。早速3000円注文いたしました。

 この原材料の高騰のおり一体この定価でやっていけるのか心配になりました。大体他のせんべいはパサパサでいったいこんなもので南部せんべいと称して販売するのかと怒り心頭でした。おもに八戸駅などでよく販売しておりますが。お土産に購入したものがそれ程でないと失望しておりました。
 話は前後しますが私は昭和23年生まれでもと宇部町川原屋敷で生ませました。少学校1年生まで宇部小学校に山越えて通学しておりました。その後、野田に移り住み高校は盛岡です。現在は東京都杉並区久我山に住んでおります。お宅のせんべいをかじりながら幼いころを思い出しこの様なメールまで送らせていただきました。年をとるにつれて子供の時にしみこんだ風景画忘れられません。

 小麦の高騰のおり貴社の益々のご健闘をお祈りいたします。

今後との注文いたしますので宜しくお願いいたします。

春山次男

春山さん、はじめまして。
「こわれせんべい」東京で売ってるんですね。今度探しに行ってみます。

そうそう、私は宇部煎餅店や小松製菓とはまったく関係ないいち南部せんべいファンです :-)

こわれせんべい  今日お客さんから頂き凄く美味しかったのでコメントを入れました。これでは売れて当然だな~と思いました。
ただ、少し残念なのはマーガリン(プラスチック食品と言われているそうです)を使っているのが気になりました。折角の美味しいせんべいだから、バターに変えて欲しいです。

あくまでも希望です、ごめんなさい!

バター高いからですかね。

雇用労災健康など一切なしの最低賃金ギリギリで人員を雇っていればこの値段でも儲けは出ているはずです。

詳しい事はわかりませんが、そういう見方もありますね。

初めまして
宇部煎餅は懐かしい風味があり美味しく頂いておりますが、あまり私の住む地域では販売していないのが残念です。久慈方面に出かける際は工場に立ち寄り購入しております。最初は会社の看板が見あたらずうろうろしましたが、従業員の車?が多数駐車しており建物の中にのぼりを見つけもしやと思い入りました。(天気の悪い日でした)また機会がありましたら工場に立ち寄り購入したいと思います。

トラックバック(0)(クリック▼)

トラックバックURL

「かもめの玉子」と「りんごの玉子」101Blog水深50センチの水中写真展 Blog Widget by LinkWithin

最近のエントリー

月別アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

ページの先頭に戻る