Home 101Blog Archive Internet パパは忍者だからね
Internet

パパは忍者だからね

  • 編集
  • 2009年4月15日
  • コメント(2)
  • トラックバック(0)
「力点と作用点の間に距離がある」現象を好む本能、みたいなものがある気がする。
以下、私の息子さんを見ていて思ったこと。
息子さんは、「何かをすると、離れたところで何かが起きる」ということに凄く興味を示す。例えば、階段の電気のスイッチ。例えば、ドアやクーラーのリモコン。例えば、手を離すと段々を車がすべり降りていくおもちゃ。

何となく分かる様な気がする。その仕組み(ブラックボックス)を分かる必要はないけれど。

僕のチビ達は普段あまりテレビを見させてもらえないので、そういう機会があるとやはりしがみつく。もう終わりだよと言ってもリモコンを隠しテレビのスイッチがオフになるのを死守する。やれやれと思いながら、僕は携帯電話からテレビの電源をオフにする。ご存知の通り、赤外線通信を備えている携帯電話ならテレビの操作は簡単だ。チビ達は目を丸くする。リモコンも隠したし、テレビのスイッチも押していない。何でパパはそんな事できるのと。僕はいつものように答える。

「だってパパは忍者だからね」

だからといって盛岡に帰る度に折り紙の手裏剣を渡されるのは、ちょっと困る(笑)

IMGP0828

コメント(2)

小さいころは親が神様見たいに見えるんだよねぇ〜
だって自分に出来ない事が何でも出来ちゃうんだもの..

えっへん、って威張れる様にしなくっちゃね。

>原渓さん
忍者であり続けることも大変です(笑)

トラックバック(0)(クリック▼)

トラックバックURL

何も動かない日と炒飯101Blogtwitterへようこそ ;-) Blog Widget by LinkWithin

ページの先頭に戻る