>

Home 101Blog Archive 近況 東京 東京都議会選挙(墨田区選挙区)選挙公報
近況
東京

東京都議会選挙(墨田区選挙区)選挙公報

  • 2009年7月 8日
  • トラックバック(0)

郵便受けに「東京都議会選挙(墨田区選挙区)選挙公報」が入ってた。こんなのあるんだな。墨田区は定員3名に4人が立候補と少数激戦地。

IMGP1626.JPG

候補者は(右上から左下に)

  • 桜井浩之(自由民主党公認)
  • 小沢昌也(民主党公認)
  • 阿藤和之(日本共産党)
  • 加藤雅之(公明党公認)

最初に断っておきますが、僕は支持政党はないですし(一般的に言われる無党派層なのかな)、宗教に関しても特にこだわりがありません。何かの宗派に傾倒しているわけでもありません。好き嫌いは多少あります。椎茸は苦手です。刻めば大丈夫ですが。

で、あくまでも「東京都議会選挙(墨田区選挙区)選挙公報」を読んでの印象。候補者や支持者の方々怒んないでね ;-)

桜井浩之(自由民主党公認)のキャッチフレーズは「目標は墨田区の活性化 不退転の決意で突っ走ります」
“不退転の決意で突っ走ります”とは、やはり向かい風感じてるのかな。プロフィールみると緑小学校や両国中学卒業と根っからの地元っ子という感じ。重点施策も地元中心の方向が感じられます。

小沢昌也(民主党公認)のキャッチフレーズは「東京から日本を変える!」「まっすぐに、ひたむきに。生活が第一」
本人の言葉はなくて推薦の言葉。党首交代などのごたごたありましたが、それでもあげあげの民主党ですもんね。2期目の約束はちょっと漠然としている感じ。仕事はできるけれど、自己アピールは苦手という感じかな。キャッチフレーズからは今ひとつ地元意識がうすいな。

阿藤和之(日本共産党)のキャッチフレーズは「住民のくらし第一、スジを通し実現します」
都政では実現できそうにない公約をあげてたりもしますが、やさしさは伝わってきます。「自民、公明、民主の『オール与党』」というちょっといじけたスタンスが共産党っぽいな。

加藤雅之(公明党公認)のキャッチフレーズは「すぐ現場!すぐ行動!」
公約はシンプルに3つ。分かりやすいけれどなんだか漠然としてる。プロフィール見ると典型的な公明党幹部という感じかな。地元感はあまり感じられない。

正直、この広報で選べと言われてもなぁ。選挙ポスターで選ぶよりはましだけどさ。街宣車だって名前連呼するだけだし。もう少し情報がほしいなりよ。学級委員長とかの人気投票じゃないんだからさ。もう少し何とかならないかな、選挙って。

東京都議会選挙の投票日は7月12日(日曜日)

トラックバック(0)(クリック▼)

トラックバックURL

東京都議会議員選挙101Blogほおずき市とデンキブラン Blog Widget by LinkWithin

最近のエントリー

月別アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

ページの先頭に戻る