>

Home 101Blog Archive 近況 東京 母の初もんじゃ
近況
東京

母の初もんじゃ

  • 2009年9月14日
  • トラックバック(0)

おやじとおふくろが来京。放蕩息子をたしなめに来たわけです。わはは。嫁いでいる姉も毎月東京に来ていて(何やらお作法教室に通っているらしい。よく分からん)、昨日は両国界隈で家族そろい踏み。まぁたまには親子4人で会うのも悪くはない。近くの居酒屋で食事をして姉は宿泊先のホテルへ、父母は僕の住んでいる狭いマンションで宿泊。いやはや。

朝起きてすぐに僕はPCに向かっているし、父母は小言も言い飽きたのか近所を散策。この近辺は観光地じゃないし、そう楽しい場所はない。父母の帰宅は明日。

夕食どうしようかなんて話になった時、母が近所でもんじゃ焼きのお店を見つけたと言う。話には聞いた事があるが食べた事はないと言う。父は視察だかなんだかよく分からないけれど、全国各地に時折行って美味しいご当地の食を経験していたらしいのですが、母は富良野から出る事はほとんどなかったんですよね。数年前に普通の一般的な中華料理屋で中華丼を注文して、こんな料理は初めて食べたとご満悦でしたし。

で、夕食は母の初もんじゃ。たぶん父も初めてかも。

もんじゃ(1)

母はお店の人にあれこれ聞きながら楽しそうに食べている。父はちょっとおやつのような夕食の一皿に不満げ。で、次はお好み焼き。

お好み焼き(3)

ミックスを薦められて頼んだんだけれど、父もこれには満足顔。僕と二人でビールのお替わり。母はこれも初めて食べたと美味しそうに口に運ぶ。

締めに焼きそば。ソース味三連ちゃんだけれど、まぁいいや。ここでもちょっと意外だったんだけれど、母は焼きそばというのはカップ麺(北海道では「焼きそば弁当」ってのがメジャーです)しか食べた事がないと言う。母は昭和11年生まれだから、そうなのかもしれないな。

焼きそば

放蕩息子がたまたま関東に住んだり東北に住んだりして(別に大きなトラブルがあるわけぢゃないんだけれど)時折父母が心配して駆けつけるわけでして、知らない土地を観光できるといった意味では親孝行してるのかなと。わはは。

父母も年金暮らし。あまり心配かけないようにしなきゃね。

トラックバック(0)(クリック▼)

トラックバックURL

ピカデリーで「20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗」101Blogゴーギャン展 Blog Widget by LinkWithin

最近のエントリー

月別アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

ページの先頭に戻る