>

Home 101Blog Archive 近況 新潟で「山下達郎 パフォーマンス 2010」
近況

新潟で「山下達郎 パフォーマンス 2010」

  • 2010年9月 7日
  • トラックバック(0)
ズワイガニ
ズワイガニ, originally uploaded by 101LAB.

可愛いい店員さん曰く「白くなり膨らみ始めたら裏返して軽く焼きめを つけてからおめしあがりください」 へい。おっしゃる通りに。

新潟に行ってきた。

新潟にはこれまで何度か足を踏み入れた事はあるけれど、新潟は僕の実家の北海道へ行くための通過点だった。新潟→小樽へのフェリーがあるのですよ。最初は北関東の大学に通っていた時、帰省のために新潟を通過した。飛行機や青函トンネルくぐって帰るよりも時間はかかったけれど、安かったんだよね。安さで言えば「青春18きっぷ」<「電車+フェリー」<「特急電車」<「飛行機」。20年以上前の話だから不確かかもしれない。

久しぶりの新潟は、まったくもって記憶にない初めての街。人口は80万人ほどで、ほどなく日本海につながる日本一長い信濃川 - Wikipediaが市内中央を流れる。「魚沼産コシヒカリ」が有名な日本一の米どころで、金山で知られる佐渡島がある。田中角栄の出身地である。東北6県と勘違いしている人が多いが、関東甲信越である。事前の知識はその程度だもんな。

今回の新潟行きの目的は、新潟県民会館で開催された「山下達郎 パフォーマンス 2010」ツアー。首都圏のチケットはどこもかしこも取れなかったんだよね。くじ運悪いんだよな。昨年のツアーは長野だったし。ははは。

メインイベントのコンサートは期待通りに素晴らしく楽しいもので、今年ミュージシャンデビュー35周年で57歳になる山下達郎ではあるが、まったくもって衰えをみせない。すごいや。マスメディアへの露出が少ない事もあり、何やら謎で暗い印象があるけれど、ステージでは本当によく話す。バックミュージシャンも蒼々たる顔ぶれで、とてつもなくクオリティの高い演奏を繰り広げてくれるし、遊び心も忘れない。

客層は幅広い。なんせデビューして35年だもんね。シュガーベイブ世代のファンから、出世作の「RIDE ON TIME」からファンになった世代、その後のJR東海の「クリスマス・イブ」に代表される数々のCMソングから興味を持った方々や、「俺たちひょうきん族」のエンディングテーマ「土曜日の恋人」、ポンキッキーズの「パレード」などのテレビ番組の楽曲で知った人など、多種多様。僕は多重録音の一人アカペラ「ON THE STREET CORNER」から虜になった。30年前だもんな。僕は高校生。きゃー。当時カセットテープをピンポン録音できる機器が安価になっていて、それを利用して夜こっそりと山下達郎の一人アカペラをコピーしたものだ。最初にコピーした楽曲は「ALONE」だったな。懐かしいや。

コンサートを終えて、高揚感というより満足感というか充実感に浸りながら新潟駅へ。40代には40代のコンサートの楽しみ方があるのだ。うむ。

3時間を超えるライブの後は「いかの墨(食べログ)」で新潟の日本酒に肴。〆に釜戸炊き土鍋ごはんと誓っていたのですが、そこまでたどり着けず。残念。そして充実感に浸りながら新潟の夜は更けて行くのでした。
年をとるのも悪くはないな。ははは。

トラックバック(0)(クリック▼)

トラックバックURL

はちぴた101Blog誕生日おめでとう :-) Blog Widget by LinkWithin

最近のエントリー

月別アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年

ページの先頭に戻る